骨董品の買取と人脈について

骨董品の世界は奥が深い

骨董品の世界は奥が深く、真作と贋作が織り交ざった目利きの必要な世界です。
有名な芸術家や画廊ですら真贋の見極めを間違えるケースも少なくありません。
それどころか美術家で展示されている作品が、科学鑑定を行ったら別の時代の模写であったこともあるぐらいなのです。
それぐらい骨董品は分からない世界であり、だからこそ面白いとも言えます。
真贋については自分の目を肥やすことと、やはり箱書きなどを目安に選ぶことで一定の評価を得られるのです。
骨董の世界では欲しい物を見つけた時には3回は足を運び、品定めをすることで気持ちのクールダウンと冷静な審美眼で、改めて鑑定を行うということが常識になっています。
それでいて出会いは一期一会であり、品定め中の作品が他の人に購入されてしまうケースだって少なくありません。
信頼出来る業者と常に関係を密にしておき、多少値段が張っても欲しい物を見つけた時には決意を持って購入することも、後々の勉強になることは間違いないことです。
そうして成功は失敗の中からも見つけられますし、直感を頼りにしても構いません。

骨董品のリサイクル品の買取を行っております。
お気軽にお電話ください。
相談におのりいたします。
関西地域の方は買い取りにお家までお伺いいたします。
TEL(075)231-4012 鉄瓶・着物・茶箪笥・古酒・酒器・銀瓶・茶托・焼物・仏像・象牙・根付・絵画・屏風・掛軸・棗・火鉢・釜など

— 京栄商会 (@kyotobijutsu) August 14, 2021

骨董品の世界は奥が深い良い業者と付き合い、持ちつ持たれつの相互で得をする骨董の世界も人付き合いが大切